軽自動車を廃車

軽自動車を廃車にするには

軽自動車を廃車にするには廃車手続きをする必要があります。廃車には、自動車を購入したときの契約を削除するため、抹消する登録を行いますが、抹消登録には「一時的抹消登録」と「永久抹消登録」があります。

一時的抹消登録は、一時的に車の使用をできないようにする登録で、長期的に自動車を使用しない場合や、買取ってもらうとき、他人に譲渡するときに行います。軽自動車の場合は一時使用中止と呼ばれます。普通自動車の抹消登録を行う場所は陸運局ですが、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で行います。廃車手続きに必要なものは、自動車検査証(車検証)・ナンバープレート2枚・印鑑(認印でもOK)・申請書・手数料納付書になります。ナンバープレートは返納するため、ネジでとりはずしておきます。自動車検査証は、記載されている内容によってさらに必要になる書類があります。自動車検査証に記載されている住所と現住所や名前が違う場合には、確認を行うために住民票や戸籍謄本が必要ですので、一部用意しましょう。また、所有者がクレジット会社や販売店になっている場合には、3ヶ月以内に発行された譲渡証明書や委任状、印鑑証明書が必要になりますので、自分の自動車検査証を確認しておくといいですね。記載を変更するときには手数料として350円かかります。他にも用紙代と手数料350円が費用としてかかります。申請書と手数料納付書は協会で手に入りますので、手続き当日に記入してもよいでしょう。

永久抹消登録は、自動車を二度と使用できなくし、解体するときに行うものです。一度永久抹消登録を行った自動車は新規登録ができなくなり、使用することができなくなります。永久抹消登録の場合は返納届けと呼ばれていて、こちらも軽自動車検査協会で手続きを行います。

永久抹消登録のときには、解体業者に依頼をして解体してもらってから手続きをします。解体業者に自動車を引き渡したときにナンバープレートをはずしますが、返納届けで必要になるので大切に保管しておきましょう。リサイクル料金を支払っていない場合は解体のときに支払います。手続きに必要なものは自動車検査証(車検証)・ナンバープレート2枚・印鑑(認印でもOK)・申請書・解体に係る移動報告番号と解体報告記録日になります。解体に係る移動報告番号と解体報告記録日は、解体を行ったときに業者から連絡があるので、メモしておきましょう。

廃車手続きは手間が面倒であったり、さまざまな書類が必要になるので余裕をもって行いましょう。買取業者や専門の業者に代行依頼することもできるので、一度検討してみるといいですね。