費用計算

廃車に出すときの費用計算

不要になった車両を廃車手続きに出すときには、費用がどれくらいかかるかを前もって計算しておきましょう。一般的には、車両本体はディーラーや中古車販売業者、解体業者などに持ち込んで処分してもらいますが、このときの解体処分費として2万円程度必要になります。また、書類関係では、車両を廃車に出したことで登録抹消手続きを運輸支局や軽自動車検査協会などに提出しなければなりませんが、自分でするとなると見たことのない手続きで時間がかかってしまいますので、通常は業者や行政書士などに依頼します。このときの費用も大体5000~1万円程度かかりますので、予算として組み入れておきましょう。

一方、廃車処分にしたことで現金が返ってくることもあります。保険に加入していて、満期までにまだ期間が残っている場合には、残余期間に応じて返戻金という形で保険料が戻ってきますので、費用からこれらを差し引いて計算したものが最終的は廃車費用ということになります。ただ、自賠責と任意保険は別々に手続きをしなければなりませんし、今後も車両を購入する予定がある場合には中断証明も取っておく必要がありますので、手続きの面でも面倒であることは覚悟しておきましょう。

一方、車両を買取に出す場合には、廃車と違って処分費がゼロになったり逆に現金を受け取ることができる場合が多いです。業者が買取をしてくれた場合に限りますが、車両を処分するときに解体する必要がありませんので、当然費用が発生しません。また、抹消登録ではなく名義変更の手続きは必要になりますが、こちらも業者がほとんど書類を作成し、所有者は指定された箇所に署名したり押印するだけですみますので、費用はもちろん、手続き面でも負担もありません。

保険金についても、還付申請は業者が行いますが、返戻金相当額は査定金額に含まれてますので、自分で手続きをせずに保険金を受け取るのと同義になっています。
このように、業者が見つかれば、車両の処分は廃車よりも買取のほうが断然お得です。今では、遠方からでも無料で見積りや引き取りに来てくれる業者もたくさんありますので、一括見積りサービスや比較サイトなどを利用して、自分の車を買い取ってくれそうなところを探してみるとよいでしょう。車両が動かない場合でも、パーツや部品などを購入してくれる業者もありますので、こちらを利用すると通常の処分費用よりも安く処分できる可能性が高いです。