業者の検索

廃車に出す前に業者の検索

不要になった車両を処分するときには、真っ先に廃車に出すことを考える人も少なくありませんが、買取業者を検索してから手続きをとっても遅くはありません。まずは、廃車に出すときの手段として、解体業者や中古車販売業者、ディーラーなどに車を持ち込む必要があります。

このとき、車両の処分費用として大体2万円程度の手数料が必要になります。また、登録している車両を抹消しなければなりませんので、運輸支局や軽自動車検査協会などの自治体に手続きをしに行かなければなりません。この手続きも業者や行政書士などに依頼することはできますが、手数料として1万円近く必要になります。さらに、任意保険や自賠責保険の期間が残っている場合には、残余期間分の保険料を返戻金として受け取ることができますが、このときの還付申請手続きも自分でしなければなりませんので、面倒な手続きが非常に多い上、費用も高額になることが分かります。

このように、廃車に出して車両を処分することはできますが、費用も手間もかかり、結局持ち主の負担は大きくなります。全ての手続きを代行業者に依頼すると費用がかかりますし、自分で何とかしようともうと時間がかかり、廃車というのはあまりおすすめできる手段ではありません。

それよりは、廃車対象となるような車両でも、パーツや部品だけでも買い取ってくれる業者を探したり、一括見積りサイトなどを利用して、遠方からでも買取をしてくれる業者を検索した方が、負担が大幅に軽くなります。これらの業者が見つからなかったときには自分で廃車手続きをすればよいので、まずは無料で利用できるサービスを活用して業者探しをしてみましょう。

一括見積りサイトでは、走行距離や年式、車種などのデータを入力して送信するだけで、対応可能な全国の業者から簡易見積りが届くようになっています。いずれも旅費業者負担で出張見積りや引取りをしてくれるところばかりですし、処分するしかないと思われていた車両を買い取ってくれますので、非常に助かります。面倒な書類関係の手続きも業者が無料で代行してくれますし、保険金の還付については、査定額に上乗せされていますので、自分で返還申請を行わずに保険金分を受け取ることができます。車両を持ち込む必要もなく、業者が保管場所から引き取ってくれますので、自分が処分のために割く時間も費用もかなり軽減され、場合によっては現金を受け取ることができておすすめです。

最新記事

  • 廃車に出す前に業者の検索 不要になった車両を処分するときには、真っ先に廃車に出すことを考える人も少なくありませんが、買取業者を検索してから手続きをとっても遅くはありません。まずは、廃車に出すときの手段として、解体業者や中 …

    業者の検索